副作用に納得できるか

育毛剤には効果と副作用が付き物

抜け毛や薄毛が気になる時に強い味方となってくれる育毛剤ですが、育毛剤には効果もあれば副作用もあります。もちろん、必ずしも副作用というのは生じるわけではないですが、どんなものにもメリットがあればデメリットもあるものです。
育毛剤における副作用でよくあるものが、塗布した部分の炎症やかゆみなどです。こういった副作用というのは育毛剤に限らず外用薬の類において最もよくある副作用と言えるでしょう。肌に合わないということはもちろんありますし、育毛剤の場合は頭皮の血行を促進する作用があるものも多く、血行が良くなると熱感などをかゆみなどと感じやすいのです。育毛剤の副作用は使用を中止することで消える程度のものがほとんどで重篤なものはほぼありません。

副作用は度合いの問題も

育毛剤を選ぶ上でまず重視するのは効果でしょう。しかし、育毛剤の傾向として効果が高いものはその分副作用のリスクが高くなるとも言われています。育毛剤を選ぶ際には、副作用の度合いを気にして選ぶというのもポイントかもしれません。育毛剤によくある副作用の一つとしてかゆみや熱感がありますが、それらは育毛剤がしっかりと効いて血行が良くなったりしているからこそ感じる副作用とも言えます。もちろん、我慢出来ないようなかゆみや痛みなどが生じる場合には使用を中止しなければなりませんが、我慢できる程度であれば効いている証拠と思い副作用を我慢して使用を続けるのも手です。また、育毛剤の副作用は使用を継続する内に慣れて感じにくくなる傾向があるとも言われています。